太陽光発電補助金制度
太陽光発電補助金制度
地球環境に優しい太陽光発電については導入に関して補助金制度が用意されています。また、「太陽光発電の新たな買取制度」などの補助制度も拡充しています。
ここでは太陽光発電の導入による補助金制度について詳しく解説します。

太陽光発電補助金制度について
太陽光発電に関する補助金制度は大きく以下に分類することができます。

・購入費用を助成する補助金

・購入後の売電(発電した電気を売る)を補助する制度

前者は、国や地方自治体などがそれぞれ実施しています。利用すれば、導入費用を抑えることができます。また、後者は2009年11月より「太陽光発電の新たな買取制度」としてスタートしています。売電価格を大きく引き上げた事で太陽光発電で発電した電気を高く売ることができ、経済的メリットを上昇させます。

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金
国(J-PEC 太陽光発電普及拡大センター)が実施する太陽光発電補助金(助成金)制度です。平成22年度においては、システム1kWあたり7万円が補助されます。平均的に3kW程度のシステムを導入する家庭が多いので21万円ほどの助成金額になります。
自治体などが行う太陽光発電助成金・補助制度
各地方自治体でも国と同じように助成金・補助制度を用意していることがあります。助成・補助の内容は様々なで、導入費用を助成するものから、導入に関するローン金利などの優遇などがあります。また、多くの場合で国の補助制度との併用が可能になっています。(一部不可のものも)
太陽光発電の新たな買取制度
太陽光発電普及のために導入された制度です。従来までも太陽光発電で発電された電気で余った分は電力会社が買い取ってくれていましたが、2009年11月1日によりその価格が大幅に引き上げられました。2009年、2010年は1kWhあたり48円となりました。

BLOG
PRリンク
ダイビング器材を調べよう!
自分にあった器材が見つかるダイビングショップ
http://www.aqros.co.jp/
あなたにあった電力プラン
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。
http://enechoice.jp/