電気を売る
電気を売る
太陽光発電ではなんと余った電気を売ることが出来ます。
ここでは発電した電気が売れる制度の説明とその価格について解説します。

太陽光発電が注目を集めている理由はたくさんありますが、「自分の家で発電をして、あまった電気を買い取ってもらう。少しでも家計の足しになる」というのが大きな魅力の1つでもあります。
太陽光における発電は、ほとんどコストがかかっていません。設置する時の設備費くらいです。つまり、発電自体はほぼ無料で行っているものであり、無料で作ったものを買い取ってもらえるなら、誰だって売りたくなります。
売電制度
売電(ばいでん)とは、太陽光発電などにより発電されたクリーンな電力を電力会社に対して余った分を売ることができる制度です。電気というものは基本的に貯めておくことができないものですが、太陽光発電の場合、一般的に消費電力の小さい昼間の時間に大きく発電を行います。
そのため、昼間の時間などは電気が余ってしまいます。この余った電気を電力会社に売ることができる制度を売電と呼びます。売電は設置側に有利な価格で余った電気を売却することができるようになっています。

BLOG
PRリンク
ダイビングショップならこちらで!
自分にあった器材が見つかるダイビングショップ
http://www.aqros.co.jp/
郡山で歯科をお考えならデンタルオフィス郡山
安全で安心の治療は郡山のデンタルオフィス郡山
http://www.koriyama-do.com/